Apple新製品の誘惑

昨日、Appleの新製品の発表がありました。

過去の日記を読み返すと、9月のこの時期はiPhoneをはじめとして新製品の話題が多く、毎年のように物欲に襲われています。

ITガジェットへの過度な期待は無くなった

スティーブ・ジョブズによりiPhoneが発表された当時、ネットに接続して日記を書くだけでも、ひと荷物必要でした。ITガジェットが新しく登場するたびに、利便性が向上し、日々の生活が楽しく、便利になるという実感がありました。
なぜなら、

  • 外出時に音楽を聴く
  • 初めての場所を訪れるために地図が欲しい
  • 写真やビデオを親や友達に見せたい

スマホがない前は、様々なことに事前の準備を必要としていたからです。

今は、その場でiPhoneなどのスマホを利用すれば、事前準備しなくてもなんとかなるようになりました。

でも、もう最近のITガジェットの進化に期待することは少なくなりました。確かに、新しいApple Watch、iPad、iPad Airは魅力的です。処理速度は速くなり、デザインも洗練されて、物欲を刺激されます。でも、必然性はどんどん低下しています。

便利にはなります、でも、劇的に何かが変わるわけでもありません。

新製品だからといって

新製品が出たからといって、発表直後に新製品の購入予約をして、発売日に入手して、ブログに掲載しよう、そんな動きは随分と鎮静化しました。私もそのような記事を書きたいとは思いません。

著名なブロガーさんのFacebookの投稿を読みましたが、「新製品だからといって常に買い替える時代ではない」という意見に私も同意です。もう、単なる「新しさ」でみることのできる夢は、陳腐化しています。

今使っているガジェットが製品寿命がきて使えなくなるまで、長く付き合うのが楽しそうです。愛着を持って使い続けるのが、今の時代にあっているように思います。

iPad Airは気になるが

それでも、新しいiPad Airは私の心に結構な位置を占めています。5色のカラーバリエーションが魅力的で、新しい、ブルー(Sky blue)とグリーン(Green)に魅かれます。

と同時に、Apple Pencil 2に対応していること。私が使っているiPad Pro 12.9-inch (2017)はApple Pencil 1ですので、充電を忘れがちになりますし、ペンと消しゴムの切り替えを画面上のメニューで切り替えなくてはならないので、やや面倒に感じることが多いからです。

でも、腐っても鯛というように、Proはそれなりにいい作りになっていて、スピーカー4つの音の良さ、画面の綺麗さ、12.9-inchの大画面。贅沢に慣れてしまいました。

新しいiPad Airの発売は来月の予定と少し先ですが、今は使っているiPad Proに大きな支障が出るまでは、使い続けるつもりです。画面タッチの感度があまり良くないことに不満はありますが、それ以外は特に不都合はないからです。

新しいOS

今このブログ記事を書いている最中に、そのiPad ProのOSをアップデートしています。Appleのサーバーへの接続が多いようで、アップデートに相当な時間がかかりそうです。使用頻度の高いiPhoneについては、前に使っていたiPhone 7でアップデートしてから、常に使用しているiPhone 11 Pro Maxのアップデートを検討するつもりです。

Apple Watch Series 4のアップデートは、その後になりそうです。

大きな変化はないかもしれませんが、ちょっとした変化が何か新しいきっかけに繋がるかもしれません。

もはや年中行事と化していますが、夏から秋への移行に合わせて、楽しみたいな、と思います。(骨折で自由な移動ができないので、今年は尚更)

ご登録をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です