手書きノートiPad教を娘にも?

私はiPad Pro 12.9-inch (2017)を購入してから、紙ベースのノートは全てやめて、Apple Pencilによるアプリケーションの電子ノートに一本化しました。

画面を2分割して(Split View)、片側にノート、もう片方に本、ビデオ、Webなどを表示させて、効率的に勉強しています。
なお、最近見かけたGigazineの記事に、手書きの効用をまとめたものがありました。

 

 

書くことと、記憶の定着には、なんらかの相関関係があるのでしょうね。

ノートの課題

リアルのノートから、アプリによる電子ノートに移った理由は、以下の問題が解決できなかったからです。

  • 探せない、迷子問題
  • ノート、文具、と荷物がどんどん増える問題
  • バックアップが取れない問題

探せない問題

ノートが複数に分かれていると、どこに書いてあったか忘れてしまいます。

探せない。見つからない。紙切れに書いたメモは、特に見つからない可能性が高いです。Evernoteですら苦労したくらいですから、紙のノートは探すのが大変です。

その代わりに、ページをランダムに括る事で新しい発見がある、という偶然性を評価する人もいますが、私には探さなければならないというデメリットの方が大きいです。

増える荷物問題

かつては、文具王などが紹介する、いろいろと便利そうな文具が好きで、よく文具売り場を回っていました。その結果、増え続ける文具がかなりの量になっていました。ペンも、絶対使いきれないと言い切れる数のペンが文具トレーの中に溢れていました。

ノートを書けば、ページを消費するし、ノートの数も増えます。分類に分けて同時並行で数冊のノートを使うと、興味を失った分野のノートは最初の数ページだけ利用しただけであとは白紙。もったいない。ノートを置く本棚のスペースは拡張の一途。。。

バックアップ問題

ノートは物理的なものなので、バックアップが困難です。スキャンするのも面倒。

電車、喫茶店などに置き忘れたときには、、、

iPadなら

今なら、販売しているiPadならApple Pencilが使えます。書き心地はそれぞれでしょうが、私が最初にトライしようとした、5年前とは雲泥の差です。

検索で探せる

ノートアプリのNoteshelfやGoodnoteを使えば、横断的に検索して必要なノートを探すことができます。

最小限の荷物

蛍光ペンも、青・赤・黒などの色ペン、修正ペン・消しゴム、テープのりなど、様々な文具を必要としません。iPadとApple Pencilがあれば、それで完結です。

バックアップも完璧

iCloudなどのクラウドストレージにバックアップできます。

娘にもiPadを

娘が通う中・高一貫の学校では、娘の一つ下の学年からiPadを生徒一人ひとりに持たせています。

そろそろ大学受験への勉強を考えてあげなくては、と思うのですが、なかなか本人が欲しいと言わない限り、宝の持ち腐れとなりそうな気がして購入を躊躇っていました。でも。刷新された、新しいiPadとiPad Airは勉強のお供としてはとても優秀そうです。いえ、優秀すぎる嫌いがあります。

最小構成でも、自宅内でWiFi環境で、クラウドストレージを使えばなんとかなるかも。

ちょっとまだ悩んでいます。来週発表されそうな、iPhone 12も気になります。判断は全て出揃ってからにしようと思っています。

ご参考に

ご登録をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です