ブログのネタをカンバン管理で #31

ブログのアイデアをRoamRESEARCHを利用して、メモ書きから初めて、多面的に調べ、考察して、ブログ記事にまとめていく取り組みを始めています。

アウトライン・プロセッシング

メモから、ブログの文章へと、着想を膨らませて、筋道を考えながら文章を作る方法として、アウトライン・プロセッシングという方法を利用しています。

この本を読んだのは、半年以上前です。私は、2年ほど前からWorkFlowyとかDynalistなどのアウトライナーのWebアプリケーションが流行していて、一時期Dyanalistを駆使して、文章を構想したり、プロジェクトを管理していたので、すんなりと実行することができました。

その上で、最近のマイ・ブームであるRoamRESEARCHでブログのネタを整理して、熟成して書くことを始めています。

RoamRESEARCHを使う理由

RoamRESEARCHを使用するのは、アウトライナーのアプリケーションであることがその理由ではありますが、

  1. 仕事の環境からもアクセスしやすく、アイデアをその場で記録できる
  2. 隙間時間にブログの記事を書くことができる
  3. カンバンによる管理ができる

のが、理由です。

1と2の理由だけでは、RoamRESEARCHを積極的に使わなくても、他のアウトライナー・アプリケーションで十分に対応できます。有料サービスのRoamRESEARCHは非常に多機能で、Scrapboxのようにノート間のリンクを貼ることで、有機的なつながりを持った、関係性の中で構想することが可能になります。

ポモドーロ・タイマーの機能を使って、25分間集中して執筆することも可能です。

その中でも一番気に入っているのが、「カンバン」の機能です。

カンバンを利用して進捗を管理する

最近、ToDoアプリの雄であるTodoistが、Todoistボードという名称で、カンバン表示のサービスを始めました。

カンバンとは、トヨタ生産方式の「カンバン」をもとにしたものですが、作業プロセスを分割して、それぞれの工程にプロダクト(ブログのネタ)を進めるときに、プロセスの進捗状況をカンバンという札で「見える化」して、誰の目にも状況認識がすぐにできるように工夫する方法です。

RoamRESEARCHでは、上のイメージのように、看板を簡単に作ることができます。私はプロセスを、

  1. 基本アイデア段階
  2. 文章構想中
  3. Ulysses編集

と3つの段階に分けています。

作業が進んで、プロセスが右に進む、すなわち一つ段階が繰り上がると、そのブログのネタの看板をドラッグ&ドロップで移動させます。

視覚的に状況を確認することができるので、とても便利です。

Weeklyスケジュール管理にも

この看板の機能は、スケジュールの管理にも利用しています。詳しくは別の記事で書く予定です。

余談ですが、RoamRESEARCHはDaily Pageが基本構造になっているので、ほぼ日手帳のように1日1ページのように使うことができます。過去の日付だけでなく、未来の日付のノートを作成することができるし、未来の日付にリンクを貼ることができるので、タスク管理にとても都合がいいです。

まだ色々と試行錯誤している最中ですので、自分なりの方法がまとまり次第、当ブログでご紹介したいと思います。

ご登録をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です