年末年始にしたいこと #41

クリスマスの直前なので、外資系に働く私の周囲(欧米を中心に)はホリデーモードです。2020年の仕事はほとんど終わりました。

普通のブログならば、2020年を振り返る企画が多くなるのですが、生来振り返りというのは苦手なので、過去は見ないで先だけを見ることにします。

振り返りを容易にするために

ブログでは振り返りの記事は書きませんが、仕事ではそうもいきません。

振り返ることが本当に苦手で、しかも全く興味がないので、できるだけ自動的にできる仕組みを利用して、「楽」をしたいなと思っています。

Notionを使う

で、考えているのは「Notion」を使った記録の整理。

スタンプカードのような、貯めていくことが見えるものは結構好きなので、モチベーションを保ちつつ、日々の記録を整理・整頓できるツールが面白いのではないかと思っています。少し使ってみて、挫折気味でしたので、時間のある年末年始に、色々と勉強して使いこなせるようになりたいな、と思っています。

RoamResearchを極める

もう一つは、RoamResearchを極めること。

非常に多彩な機能を持っていて、参照したり、リンクを繋げたり、挿入したり、版(edition)を更新したりと、できることが多面的すぎて十分に理解することなく使用している機能も多々あります。作業の一時記録は、RoamResearchと手書きのノートアプリ(iPadのNoteShelf)に残しています。そこから、メタノート的に重要と思われる内容を拾い纏めて、再構築するノートをどれだけ楽に作ることができるか?に関心がシフトしています。

それは、先に挙げたNotionとの関係をどれだけスムーズにするか?という関心事とつながります。

関心ごとの領域を広げ、深掘りする

別方向のやりたいこと、としては、自分の関心ごとの領域を広げて深掘りすること。要するに読書をしよう、ということです。

休日はどうしてもダラダラと動画を見てしまいがちでした。テレビは見ないまでも、動画も十分な時間食い虫です。ダラダラ見続けることが容易なので、気力を要する読書が億劫になってしまいます。でも、それでは自分にとって馴染み深い、快適ゾーンでしか楽しむことができず、井の中の蛙になってしまいます。

井戸の外に出るのは大変です。楽ではありません。でも、やっぱり「大海」を知りたいです。その知的欲求はまだ残っています。

ですから、まとまった時間が取れる年末年始に、読書に向き合いたいと思います。

体力を戻す・減量する

2020年8月は自分の甘さで骨折してしまいました。まだ、左足首の機能回復には至っていません。ジャンプすることも禁止なので、ボルダリングも何もできません。

退屈なリハビリと、退屈な筋トレと退屈なストレッチを継続して、機能回復に努める必要がありますが、そろそろ持久力をつける運動を再開したいなぁと思っています。

とはいえ、年末年始はスポーツジムは短縮営業期間中。自宅と自宅周辺でできることをコツコツと積み重ねることにしようと思っています。

それぞれの成果をまとめて発信したい

最終的には、このブログで、どうだったか?を発信したいです。

全くうまくいかなかったら、この投稿を削除するかもしれません。そうならないように、自分との約束を込めて、この記事を書きました。

ご登録をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です