Notionに記録を残すこと #43

クリスマスから、年末年始のお休みが始まりました。

公約(?)通りに、Notionで戯れています。もう、時間の感覚がなくなるくらいに。

これまで、色々な情報を種々雑多なまま、Evernoteというボックスにとりあえず放り込んでいて、そのまま放置していました。

ノートブックやタグなどの機能を利用して、とりあえず保管しておけばいいぐらいの扱いでしかなかったのです。なぜならば、検索すればなんとかなるだろうと思っていたからです。

Evernoteの省力性が仇に

Evernoteは他のサービスとの連携が優れていたので、なんでも放り込むことができるのが一番のメリットでした。とりあえず記録しておこう、あとでどうにかなるだろう、の精神でした。

非常に便利、というか、安心できる仕様だったのです。余計な手間をかけることなく、保存できるから。

でも、いつか使うだろう、そのうち役立つだろうとばかり、不安と根拠のない期待が入り乱れたままノートが増え続けると、「収拾」がつかなくなりました。まるでゴミ屋敷に住んでいるようでした。

なんでも保存しておくことができるので、すぐには必要としない「情報」に溢れ、本当に必要なものがすぐに見つかりません。「情報」に溢れているので、見通しが全く効きません。ゴミ屋敷がものに溢れ、床が見えなくなっている状態と同じです。とりあえず生きていくことはできますが、快適とは程遠い状態です。

で、いつしか、Evernoteが嫌いになってしまいました。

Notionは面倒

一方で、Notionはデータベースの機能も有しているので、いちいち設定が面倒に感じました。でも、この面倒であること、がうまい具合に作用することに気がつきました。

それは、「編集」という作業を必要とするから。
本当に必要な情報の核だけに削り込み、記録の前後で整理するための軸を考えるから。
この一連の「編集」の作業は、あたかも自分の頭の中を整理する行為として、連動するように感じたのです。

Evernoteはとにかく大きな収集箱でした。でも、整理整頓は難しかったです。昆虫・植物採取して、ほぼダメージゼロで保存できるのですが、取り出して標本をきれいに作成して、整理するのが苦手でした。

Notionの場合、見た目も含めての編集機能が豊富にあります。
そのため、Web Page全体を取り込み、記録するよりも、自分にとって必要な情報だけを切り抜き、見た目を工夫して、自分にとってわかりやすくまとめ直すことができます。
この一手間、「編集」という行為がいいのです。

情報は必要なことだけに絞り込むべき

情報の量については、ネットに頼ればいいわけで、個人で保有する必要は無くなりました。

何かを考えるときには、自分の頭の中にある知識、経験といった情報でのみしかベースにすることはできません。
容量は限定されていますし、移ろうものですから、そのときの自分に必要な情報だけを絞り込んで、頭の中に整理する必要があります。
外部記憶装置にある情報をベースに思考を進めることはできません。
情報の量が問題ではなく、頭の中で機能している。整理された情報こそが重要なのです。

私の物事の覚え方は、何度も覚えては忘れるを繰り返すことで、本質的に大事なことを自然に覚えることができる、という手法をとっています。
鉱山から鉱石を採取し、重要な鉱物を選分け、精錬・精製し、純度の高い・価値のあるものを作り上げていくようなものです。膨大なゴミの山を廃棄し続けていかなければなりません。

Evernoteを利用していたときは、同時発生するゴミの山も一緒に保存していたのでした。
あるいは、鉱石だけを集めることで満足してしまって、磨き上げていく努力を、選分けていく努力を全く怠っていたのでした。

「超」整理術

野口悠紀雄さんの「超」整理術では、

  • 分類するな、時系列で並べよ
  • 使用したら、時系列の一番先頭に戻す

ことにより、新陳代謝の仕組みと、時系列でしか記憶に残りにくいという特性で、非常に効果を発揮した整理方法でした。

これをEvernoteでも利用したのですが、情報が多すぎると機能しません。

もともと、紙の書類が全盛だったときに封筒に書類を入れて、時系列でファイリングする方法が出発点で、大学生のころ、バブル崩壊の直後に注目された方法でした。

25年を経過していますから、情報に溢れる現在に利用するには無理があります。

封筒に情報を入れる前に、不要な情報を削ぎ落とす必要があるわけです。そうでなければ、パンパンに膨れ上がった封筒をキャビネットに押し込んで、あふれる書類を収納するスペースがなくなって、慌てふためく。そんな事態に陥ってしまうでしょう。

情報はミニマルなのもに編集してから整理する

そのとき自分が必要とした情報のみに削り出し、自分が活用するためだけに情報を整理・保管する。旬が過ぎたら、断捨離する。

そういえば、断捨離が流行ったとき、捨て去ることに躊躇する議論が多かったのを思い出しました。でも、今は、自分が持っている必要はなく、必要になったら誰か持っている人から借りるか買えばいい、という時代になっています。自分が本当に好きで、持っていたいものだけを持っている、自分の目の届く範囲内での情報となると、実はそれほど多くないのでは?

Notionを利用することで、

  • 自分で管理できる範囲で
  • ストレスなく
  • 楽しく(これ超ダイジ)

情報を整理、管理することができそうです。

ご登録をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です