第5世代 iPad Pro 12.9 inch (2021)とKeyboard #64

2021年5月に発売された、iPad Pro 12.9インチ、第5世代、2021年のVersionをAppleのローンをフル活用して、金利0%で毎月7千円ぐらいの支払いで購入し、大切に使っています。

iPadにKeyboardを接続する場合、US配列とJIS配列とで、認識のされ方が色々と報告されていますが、今のところ「規則性」は見出されていないようです。

検索と自分での環境でのまとめ

簡潔に現状を表すならば、かなりKeyboardとiPadとの相性に左右される。

事前にAmazonやblogでのレビューや記事を参考にして、動作の報告を確認してから購入するのが無難。というものになります。公開されている記事を見る限り、US配列を選んでおけばほとんどの場合US配列として認識されるようです。しかし、私の場合は例外事項に2つも遭遇してしまいました。

使用したiPadのOSは、14.7.1です。言語設定は、日本語です。

例外1 Keychron K2 ver. 2 (US配列)

直輸入で購入したので、技適の認証が得られていません。ですからBluetoothで接続したら「電波法違反」になります。

そのことは充分承知の上で、動作確認としてBluetoothで接続した場合と有線で接続した場合の動作確認、「Shift + 2」で何がタイプされるか(@ならばUS配列、「”」ならばJIS配列)を確認しました。

結果

  • Bluetooth接続(違法)   US配列として認識(Keyboardの仕様として同じ)
  • USB有線接続      JIS配列として認識 (Keyboardの仕様と異なる)

でした。ちなみに、Mac(11.5.2)では、どちらの場合も正しくUS配列で認識されています。

例外2 HHKB Professional 初代 (US配列)

Model PD-KB300B、製造が2005年8月と16年選手のキーボード。打鍵感が好みですが、最近使用頻度が低くなっています。USBの有線接続しかできませんが、Keychron K2と全く同じ結果でした。

結果

  • USB有線接続      JIS配列として認識 (Keyboardの仕様と異なる)

でした。ちなみに、Mac(11.5.2)では、正しくUS配列で認識されています。

お気に入りのキーボードが外出先で満足に使えない

電波法に違反しない限り、お気に入りのKeychronのキーボードを外出先でiPadと接続して使用するには問題があります。有線で接続すると、JIS配列で認識されてしまうので、記号などをタイプする時に面倒なことになります。

その他所有する技適認証のBluetooth Keyboardは、基本US配列なので、苦労は少ないでしょうが、折り畳み式のキーボードはキーピッチが狭く、ストロークも浅いので、キータッチが好みではないのです。往年の名機の一つREUDOは素晴らしいのですが、結構ガタが来ていて、膝の上においてタイプすることはできません。

問題なく使えている外付けキーボード

  • REUDO RBK-3200BTi Bluetooth接続、US配列
  • iClever IC-BK06 Lite Bluetooth接続、US配列
  • iClever IC-BK11 Bluetooth接続、US配列
  • iClever IC-BK06 Mate Bluetooth接続、US配列
  • Apple Magic Keyboard Model A1644 Bluetooth接続、US配列

その他の状況について

JIS対応キーボードについての記事です。

外付けキーボードを買うときは、レビューを読んでUS配列で認識されるか、JIS配列で認識されるか確認した方がいいですね。でも、ブログ等での現象報告があまり多くないこと、後述するように再現性に問題があることも多く、正直わけわからない時があります。

HHKB Professional Hybrid Type-S (JIS)は、iPad OS 14.5.1では有線にしてもBluetoothにしてもどちらの場合も、US配列で認識されてしまうそうです。

結論、よくわからない

この記事を書くときに、さまざまな外付けのモバイルキーボードを収納から取り出して、Bluetooth等で接続して検証しました。しかし、このブログ記事を一度公開した後に、複数台接続している状態で、モバイルキーボードを触ってみると、今度はJIS配列で認識されていました。

あれっと思って、Apple純正のMagic Keyboard(for Mac)を取り出して接続してみたら、US配列なのにこちらでもJIS配列と認識される始末。

気持ち悪いので、iPad Proを再起動してみたら、また元に戻ってUS配列で認識されました。一体どんな理由でUS配列とJIS配列を認識しているのか、全く訳がわからなくなってしまいました。文章をタイプするなら、無理してiPad Proを使わずに、Macbookを利用した方がいいのでしょうけど、なんとも釈然としないものを感じます。

もうすぐiPad OSもアップデートされますので、そのときに動作を確認してみようと思います。

ご登録をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です